騙される人、利用される人の特徴とは?

人を騙そうとする人、人を利用しようとする人は、まず、誰が引っかかりやすいかを考えます。面倒な仕事を誰に押し付けようか、どんな人に高額商品を売りつけようか、誰に自分のために動いてもらおうか、などといったことを考えるのです。

騙しやすいのは誰か?利用しやすいのは誰か?ということを考えると、その人の周りにいる何人かの顔が浮かんできます。まず初めに選ばれるのが、「頼まれたら嫌と言えない」人達です。気の弱い人も含まれます。嫌そうな態度を見せることはできても、「本当にお願い」ともう一押ししてしまえば、何とかなると思われている人達です。

また、見栄っ張りな人は、「あの人は引き受けてくれたのに」と誰かと比較することによって、簡単に思い通りに動かされてしまいます。

計算高い人、自分を大きく見せたい人も騙されやすい

基本的に、嫌なことに「NO」と言うことができない人、頼まれたら断ることができない人が、騙されたり、利用される傾向にあります。しかし、意外だと思うかもしれませんが、計算高い人も、結構騙されやすいものです。もちろん、計算高い人に、「思い通りに使ってやろう」という意図を」読み取られると、あっさりと断られてしまいます。

しかし、計算高い人は、目の前の利益に簡単に心を動かされてしまう、といった弱点があるのです。騙すほうにしてみれば、「こうすれば、周りの人よりラクができるよ」とか「これをすれば、自分だけ得をするよ」みたいな話を巧妙に持ちかければ、簡単に利用することができるのです。

また、「自分を大きく見せたい」という気持が強い人も、簡単に騙されてしまいます。現状に不満があって、「自分はこんなところで、こんなことをしているような人間ではない」と思い込んでいる人達です。このような人達は、「こうすれば、周りからの評価が上がるよ」と言ったり、自尊心を満たすような褒め言葉を言うことで、あっさりと騙されてしまいます。「あなただけ特別」とか、「これは限定ですよ」といった言葉に弱いのも、このタイプの人の特徴です。

「特別扱いされたい」という気持が利用される

計算高い人は、大変な仕事や、自分にとって無意味だと思う仕事を、絶対に引き受けません。「自分を大きく見せたい人」も、自分の評価に直接結びつかないことを、引き受けるようなことはありません。しかし、そのような人が意外と、騙されやすかったり、利用されることが多いのです。それはなぜかというと、「自分が特別扱いされたい」という気持が強いからです。

つまり、人を騙したり、利用しようと思う人間は、相手の心の隙をついてくる、ということです。誰にでも、「人から認められたい」「自分は特別だと思われたい」という気持があるものです。いつでも警戒していて、「私は絶対騙されない」と思っている人でも、気が緩んでしまうときがあるのです。相手は、その一瞬の心の隙をついてくるのです。

自分で自分のことを大切にしよう

なので、騙されないようにするためには、自分の中にも、「自分が認められたい」「自分が肯定されたい」という気持があることを認めることです。そして普段から、自分自身を満たすことをしていきましょう。自分が自分のことを大切にして、自分を肯定してあげるのです。常に自己評価を高めておけば、あなたの自尊心をくすぐるようなビジネスにも、引っかからないようになります。

騙されやすい人というのは、普段から、自分に厳しくして、自分に我慢させている人です。自分で自分のことを大切にしていないから、「あなたのことを満たしてあげますよ」というような甘い言葉を信じてしまうのです。

ということで、「他人にどう思われるか?」をあまり気にしないで、自分の心としっかりと向かい、自分が本当に望んでいることを見つけ、それを叶えていきましょう。そうすれば、「他人に認められたい」という気持に振り回されることがなくなっていきます。自分のことを大切にして、騙されない自分をつくっていきましょう。