人間関係について

弱っているあなたに寄り添ってくれる人もいれば、そんなあなたを利用したいと思う人もいる

私達は「自分を認めてくれる人がいる」「自分を受け入れてくれる人がいる」という感覚がないと、生きていくことが難しくなります。私達の中には「認めてもらいたい」「受けれてもらいたい」という思いがあります。私達は他人から気に入ら…

感情コントロールについて

「やりたい」という気持ちを「やらないほうがいい」に変えるから、やりたいことができなくて不満になる

「やりたいこと」というのは、自分がやりたいと思ったから、「やりたいこと」になります。「やりたいこと」というのは、「やりたいこと」という名前ではありません。あなたがやりたいと思ったとき、それはやりたいことになるし、「やっぱ…

感情コントロールについて

「ネガティブ思考をするから心が病んでいく」とわかっているのに、ネガティブ思考をやめられないときは?

嫌なことを想像するとは、実際に嫌なことが起きたと想定することです。よりリアルに嫌なことが起きたと想像すればするほど、「実際に嫌なことが起きた」と自分に思い込ませることができます。嫌なことが起きるとは、自分が傷つきダメージ…

自信、自己評価、自己肯定感、自尊心について

何かしていないと不安になる人は、何もしないで心地良くしていられる人の邪魔をしてくる

人はそれぞれ違う存在です。人はそれぞれ違うのだから、何に価値を感じるかも、人それぞれ違います。「私はより良い社会を作っていくことに興味があります」という人もいれば、「私は半径5メートル以内のことしか興味がありません」とい…

感情コントロールについて

お金がないと大変なことになりますよ」「嫌われたら大変なことになりますよ」「孤独になったら大変なことになりますよ」と脅されたときは?

恐怖というのは、物理的・精神的に攻撃されることを怖れる気持ちです。私達の中には、遺伝子レベルで恐怖がプログラミングされています。恐怖は私達が危険を回避するうえで、、必要不可欠な感情です。 危険とは、命に関わるものです。「…

自信、自己評価、自己肯定感、自尊心について

「劣等感、イライラしている人が多い、コンプレックス商材、詐欺商品に騙される」の関係とは?

私達が生まれてきたときには、「自分は劣っている」という思いはありません。生まれたばかりの赤ちゃんには、快・不快しかありません。「お母さんに抱っこされていると気持ちいい」「だから、もっとやって」「シーツが濡れていると気持ち…

自信、自己評価、自己肯定感、自尊心について

「嫌いなものばかりに囲まれて、好きなものなんてほとんどないじゃないか」と気づくことが大事

自己肯定感とは、「そのままの自分でも大丈夫」という感覚です。自己肯定感が高いとは、みんなと違う自分を肯定できる、ということです。たとえば、誰もが美味しいと認めるラーメンを食べたとき、自分だけ美味しいと感じなかったとします…

人間関係について

「陰で私の悪口を言ってるんでしょ?」「そういうことはやめたほうがいいですよ」と、面と向かって伝える

人間はそれぞれ違う存在です。それぞれ違う私達は、それぞれ違う感じ方や考え方をします。自分が好きなことを誰かが嫌いということがあるし、自分が嫌いなことを誰かが好きということがあります。自分が正しいと思っていることを誰かが間…